校長挨拶

日本一の川幅を誇る荒川の大間土手から、凛とそびえる富士山を望むことのできる鴻巣西中学校。本校は、今年度開校40年目を迎えました。4月8日、校庭の桜が見守る中、新1年生167名を迎え、2年生145名、3年生132名、合計444名、学級数は、1年生5学級、2年生4学級、3年生4学級、昨年度開設された特別支援学級(しろやま学級)1学級、合計14学級、教職員数は総勢44名でスタートしました。学校教育目標は「心豊かで たくましい 西中生」、目指す学校像は「志を高く持ち、『挑戦・全力・感動』の学校づくり」とし、評価指標として
<生徒>生き生きと学び、楽しく活動する学校
<保護者>子どもの成長が見え、安心して任せられる学校
<教職員>『情熱・信頼・使命感』を具現化できる学校
<地域>明るく開かれ、親しみのもてる学校
を設定し、それぞれ複数回の評価を行い、その結果を分析共有し、PDCAサイクルにのせた学校経営を実践していきます。
 目指す生徒像としては、『自信と誇り(西中プライド)をもち、生きる力を身に付けた生徒』とし、特に、学習、行事、生徒会活動、部活動等に全力で取り組むことによって実感できる“西中プライド”を全教育活動に位置付け、実現させます。
 また、西中プライド実現への道として、昨年度に引き続き、“リーダーシップとフォロアーシップ”の発揮で、生徒の自己肯定感、集団の一員として所属感を実感できる集団貢献能力の育成を図っていきます。
 一人一人の生徒がもつ、それぞれのよさを伸ばし、「鴻巣の未来を託すことのできる生徒」を育むために保護者、地域の方々のご支援ご協力をいただき、鴻巣西中をより一層立派な学校にするよう、職員一同努めてまいりますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。
                    鴻巣市立鴻巣西中学校長  服部 幸司

更新日:2019年04月12日 11:49:15